コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉喜門院 カキモンイン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉喜門院 かきもんいん

?-? 南北朝時代,後村上天皇の女御。
長慶天皇,後亀山天皇の生母とされる。後村上天皇の死後に出家。後亀山天皇(在位1383-92)の即位により皇太后となり,院号をうけた。和歌にすぐれ,「新葉和歌集」に17首がおさめられている。名は勝子。名は勝子。家集に「嘉喜門院御集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

嘉喜門院

生年:生没年不詳
南北朝時代の歌人。南朝後村上天皇の女御。長慶・後亀山両天皇の母。私家集として『嘉喜門院御集』があり,南朝の衰運を反映した哀感漂う歌を収める。同歌集袖書は長慶天皇即位についての史料的価値も高い。<参考文献>井上宗雄『中世歌壇史の研究』

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かきもんいん【嘉喜門院】

南北朝時代の歌人。阿野実為の女むすめという。後村上天皇の女御にようご。「新葉和歌集」に家集「嘉喜門院御集」から一七首入集。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

嘉喜門院の関連キーワード新宣陽門院阿野実為井上宗雄

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android