コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉納履正 かのうりせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘉納履正
かのうりせい

[生]1900.11.25. 東京
[没]1986.1.13. 東京
講道館 3代目館長。嘉納治五郎の二男。國學院大學卒業。 1946年2代目館長南郷次郎のあとをうけて館長となる。 1949年全日本柔道連盟を創立し初代会長に就任。 1952年国際柔道連盟の結成とともにその初代会長,1965年退任し名誉会長に推薦された。第2次世界大戦後の柔道の再建と国際化に果たした役割は大きい。主著『伸び行く柔道』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉納履正 かのう-りせい

1900-1986 昭和時代の柔道家。
明治33年11月25日生まれ。嘉納治五郎の次男。昭和21年講道館3代館長。24年全日本柔道連盟初代会長。27年国際柔道連盟初代会長。31年の第1回世界柔道選手権の東京開催や39年の東京五輪での柔道の正式種目採用を実現させた。昭和61年1月13日死去。85歳。東京出身。国学院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嘉納履正の言及

【柔道】より

… 海外における柔道熱も第2次大戦後盛んになり,1948年にヨーロッパ柔道連盟が結成された。52年には国際柔道連盟International Judo Federation(IJF)が正式に発足し,初代会長に講道館長嘉納履正(りせい)が推された。そして第1回世界選手権大会が56年に東京で行われるなど,国際的な組織のもとに柔道の世界的普及発展が図られるようになった。…

※「嘉納履正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嘉納履正の関連キーワード嘉納 治五郎国際競技連盟昭和時代ISFIF

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉納履正の関連情報