嘴細鴉(読み)ハシボソガラス

大辞林 第三版の解説

はしぼそがらす【嘴細鴉】

スズメ目カラス科の鳥。ハシブトガラスとともに全国にごく普通に生息するが、前種より体が小さく、くちばしも細い。雑食性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はしぼそ‐がらす【嘴細鴉】

〘名〙 カラス科の鳥。全長約五〇センチメートル。羽色は黒く、紫色の光沢がある。形態・習性ともにハシブトガラスに似ているが、やや小形で、くちばしが細い。耕地や人家付近で普通にみられ、都会や山地ではまれ。日本全土のほかユーラシア大陸に広く分布する。
※春泥集(1911)〈与謝野晶子〉「うす紅の薄のなびく初秋の河原につどふ嘴(ハシ)ぼそ鴉(ガラス)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android