嘴太鴉(読み)ハシブトガラス

大辞林 第三版の解説

はしぶとがらす【嘴太鴉】

スズメ目カラス科の鳥。ハシボソガラスとともに全国にごく普通に生息するが、前種より体が大きく、くちばしも太い。雑食性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はしぶと‐がらす【嘴太鴉】

〘名〙 カラス科の鳥。全長約七〇センチメートル。羽色は黒色で、青緑色の光沢があり、翼は紫色に光る。ハシボソガラスに似ているがくちばしが太く、上下の幅は約三センチメートル。村落・耕地・人家付近で普通にみられるカラスで、都会・海岸・山地にもすむ。雑食性。四~六月、高木の樹上に大きな巣をつくる。日本から東アジア・南アジアに広く分布する。はしぶと。やまがらす。〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android