四万十市(読み)しまんと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四万十〔市〕
しまんと

高知県南西部,四万十川の中・下流域にある市。北端で愛媛県に接する。中央部を南北に流れる四万十川は市南端で太平洋にいたり,気候は一年を通じ温暖。 2005年中村市,西土佐村の1市1村が合体して四万十市となる。不破八幡宮本殿,太平寺の海峰性公尼 (かいほうしょうこうに) と覚雲の座像は国の重要文化財。中心市街地の中村付近で国道 56号線から足摺岬へ 321号線が分岐。また四万十川沿いには国道 381号線,439号線,441号線が集まる。土佐くろしお鉄道中村線,JR予土線が通じる。面積 632.29km2。人口 3万4313(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四万十市の関連情報