コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四万十川 しまんとがわ

8件 の用語解説(四万十川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四万十川
しまんとがわ

高知県南西部を流れる四国第2の川。全長 196km。四国山地の西部,不入山 (いらずやま。 1336m) に発し,上流は松葉川と呼ばれ南流,四万十町東部で仁井田川を合わせ西に方向を転じ穿入蛇行し,檮原川吉野川の二大支流と合流,再び南流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しまんと‐がわ〔‐がは〕【四万十川】

高知県の西部を流れる川。四国山地に源を発し、中流部で著しく蛇行し、四万十市中村平野土佐湾に注ぐ。清流として知られる。長さ約196キロ。渡川(わたりがわ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

四万十川【しまんとがわ】

高知県南西部の川。長さ196km,流域面積2270km2。渡(わたり)川とも。四国山地西部の鳥形山に発して南流する松葉川を源流とし,窪川台地からは仁井田川となって西流,大正町(現・四万十町)で檮原(ゆすはら)川を合わせ,西土佐村(現・四万十市)江川崎で吉野川と合流して再び南流,中村市(現・四万十市)下田で土佐湾に注ぐ。
→関連項目愛媛[県]窪川[町]高知[県]大正[町]滑床渓谷広見[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

四万十川

高知県西部を流れる一級河川高知県高岡郡の不入山を源流とし、太平洋に注ぐ。延長196kmは四国最長。大水の際には水没する沈下橋が多数設置されている。古くは「渡川(わたりがわ)」と呼ばれた。清流として知られ、1985年、環境庁により名水百選のひとつに選定。2001年には川の保全を目的に、県が「四万十川条例」を定めた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しまんとがわ【四万十川】

高知県高岡郡東津野村北部の不入(いらず)山(1336m)の東斜面に源流部をもち,中村市下田で土佐湾に注ぐ川。幹川流路延長196km,全流域面積2270km2。四国では吉野川に次ぐ流域面積をもつ。河川法では中村市の市街地付近より下流の部分称であった渡(わたり)川の名称が用いられるが,近世の文献でも,総称に四万十川が用いられ,現在も,一般には四万十川とよばれている。流域は高知県南西部の高岡郡西部と幡多(はた)郡(南部を除く)および中村市の広域にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しまんとがわ【四万十川】

高知県西部、四国山地西縁の不入山いらずやま付近に源を発し、四万十市の南方で土佐湾に注ぐ川。四国第一の長流。長さ196キロメートル。清流として知られる。渡川。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕四万十川(しまんとがわ)


高知県南西部を流れる川。1級河川(渡(わたり)川水系)。延長196kmは四国第1位。流域面積2270km2。1994年(平成6)まで河川法上、本流部分も渡川と称された。最上流部は松葉(まつば)川とも。高岡(たかおか)郡津野(つの)町の不入(いらず)山(標高1336m)東麓(とうろく)に源を発し、南流して高岡郡四万十町窪川(くぼかわ)付近で仁井田(にいだ)川を合流して西流に転じ、四国山地西部を穿入蛇行(せんにゅうだこう)しつつ檮原(ゆすはら)川を合わせ、吉野(よしの)川との合流点付近から南流に転じ、四万十市南部の下田(しもだ)港で土佐(とさ)湾に注ぐ。四国山地の多雨地帯を流れるため水量が多く、下流域は洪水の常襲地帯。ダムなどはほとんど設置されておらず、清流が保たれている。ウナギ・アユなどの内水面漁業が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四万十川
しまんとがわ

高知県の西部を流れる川。一級河川。延長196キロメートルは四国一の長流。流域面積2186平方キロメートルは吉野川に次ぐ。河川法では渡(わたり)川と称したが、歴史的には渡川は下流部の名称で、総称は近世以来、四万十川が一般に用いられた。1994年(平成6)名称を四万十川に変更。源流を愛媛県境に近い高岡郡津野町船戸(ふなと)の不入山(いらずやま)斜面に発し、ほぼ南流して四万十町の南東部で方向を西に転じ、四万十町田野々で南流してきた檮原(ゆすはら)川をあわせ、典型的な嵌入(かんにゅう)蛇行をみせながら、四万十市西土佐の江川崎(えかわさき)で愛媛県から東流してきた広見川(吉野川)をあわせて南南東に方向を転じ、四万十市角崎(つのさき)付近で後(うしろ)川を、実崎(さんざき)付近で中筋(なかすじ)川をあわせ、四万十市下田(しもだ)付近で土佐湾に注ぐ。流域の大部分は山間部で、曲流峡谷の部分も多く、上流の窪川台地や下流の中村平野などわずかな河谷低地が水田に利用される以外は、林業、シイタケ、茶の栽培、氾濫原(はんらんげん)利用の桑園などがみられる。電源開発もほとんど進まず、全国的にも数少ない清流として知られる。昭和初頭までは、高瀬舟による交通路として利用され、とくに江川崎と河口の下田港との間は薪炭(しんたん)輸送などが盛んであった。生息する魚類も多く、独特の漁法もみられる。なお、大水のときに水面下に沈んでしまう「沈下橋」が多く残されている。また、2001年(平成13)には四万十川の清流を保つため、「四万十川条例」が県によって定められた。2009年、源流域の山村、上流域の山村と棚田など5件にわたり、四万十川流域の文化的景観として国の重要文化的景観の選定を受けている。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の四万十川の言及

【中村[市]】より

…人口3万4930(1995)。四万十(しまんと)川下流に位置し,その支流中筋川の流域を中心とする低湿な中村平野が東西にのび,四万十川と南流する後(うしろ)川の河岸に平地があるが,市域の大部分は山地である。四万十川の自然堤防上に縄文晩期~弥生初期の入田(にゆうた)遺跡があり,水稲栽培の痕跡が認められている。…

【中村平野】より

…高知県南西部,四万十(しまんと)川(渡川)の支流中筋川の流域を中心に四万十川,後(うしろ)川のはんらん原を含んだ小規模な平野。中筋平野ともいう。…

※「四万十川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四万十川の関連キーワード巴波川王滝川思川鏑川烏川北川小糸川高麗川千種川富田川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四万十川の関連情報