コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西土佐 にしとさ

2件 の用語解説(西土佐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西土佐
にしとさ

高知県南西部,四万十市北西部の旧村域。四万十川中流域にあり,愛媛県に接する。 1958年津大村と江川崎村が合体して西土佐村が発足。 2005年中村市と合体して四万十市となる。林野面積が9割を超え,用材,シイタケ,クリが主産物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西土佐
にしとさ

高知県南西部、幡多(はた)郡にあった旧村名(西土佐村(むら))。現在は四万十(しまんと)市の北西部を占める地域。四万十川の中流にあたり、西部と北部は愛媛県に接する。旧西土佐村は、1958年(昭和33)江川崎(えかわさき)、津大(つだい)の2村が合併して成立。2005年(平成17)中村市と合併して、四万十市となった。JR予土(よど)線、国道381号が通じる。林野率90%の山間地で、耕地率は2~3%にすぎない。林野のうち32%を占める国有林は、四万十川右岸の支流黒尊(くろそん)川流域を中心に展開、原生林もみられ、県鳥のヤイロチョウ生息地。用材、パルプ材のほかシイタケ生産も盛ん。中心集落江川崎は、予土線開通(1974)まで宇和島線の終着駅をなしたように、古来、南予から土佐への入口にあたり、経済、文化的に南予との関係も強い。昭和初期まで四万十川の水運があり、薪炭などが河口の下田(しもだ)港(四万十市下田)へ積み出された。[大脇保彦]
『『西土佐村史』(1970・西土佐村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西土佐の関連キーワード高知県四万十市楠高知県四万十市具同高知県四万十市坂本高知県四万十市佐田高知県四万十市下田高知県四万十市中村西土佐〈村〉高知県四万十市間高知県四万十市藤高知県四万十市間崎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西土佐の関連情報