コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方竜文(2代) しかた りゅうぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四方竜文(2代) しかた-りゅうぶん

1780-1841 江戸時代後期の鋳金家。
安永9年生まれ。初代四方竜文の長男。鉄瓶のほか,文人好みの中国風の香炉,文房具などをつくる。頼山陽(らい-さんよう),青木木米(もくべい)らとまじわり,隠居後は陶器も手がけた。門人に秦(はた)蔵六ら。2代以降,竜文堂と号した。天保(てんぽう)12年11月5日死去。62歳。通称は安之助。隠居名は安平

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

四方竜文(2代)の関連キーワード武装中立同盟ペスタロッチ天保の改革マリアテレジアティチングマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)ベリマン(Torbern Olaf Bergman)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android