コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四本柱 よんほんばしら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四本柱
よんほんばしら

相撲の土俵をつくる場合,四方に立てる四本ののこと。正面東から右回りに順次各角に,青 (東=春にして青竜) ,赤 (南=夏にして朱雀) ,白 (西=秋にして白虎) ,黒 (北=冬にして玄武) の布を巻く。本場所では,1952 (昭和 27) 年秋場所から,観客に見やすくするため,四本柱を取り除いて,房のようなものを印として上から下げている。 1930 (昭和5) 年3月までは,勝負検査役が四本柱を背にして土俵上にいたので,検査役のことを「四本柱」ともいった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しほん‐ばしら【四本柱】

相撲の土俵の四隅に立てた4本の柱。東は青、南は赤、西は白、北は黒の布を巻いた。また、その柱を背にして座った四人の検査役。現在は柱を廃止し、つり屋根にそれぞれの色のふさを下げる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しほんばしら【四本柱】

大相撲で、土俵の四隅に立てて屋根を支えた四本の柱。青(東)・赤(南)・白(西)・黒(北)の絹を巻いた。 〔1952年(昭和27)に廃止され、つり屋根になった〕
〔四本柱の傍らに着座していたところから〕 相撲の検査役(現在の審判委員)の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四本柱の関連キーワード豊田自動織機(株)ESD(教育)新居浜太鼓祭り紹鴎棚・紹鷗棚審判委員女【か】水引幕大相撲傍ら相撲旧称鐘楼汁物

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四本柱の関連情報