四無量心(読み)しむりょうしん(英語表記)catur-apramāṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四無量心
しむりょうしん
catur-apramāṇa

仏が4種の方面に心を限りなく配ること。 (1) あらゆる人に深い友愛の心を限りなく配ること (慈無量心) ,(2) あらゆる人と苦しみをともにする同感の心を限りなく起すこと (悲無量心) ,(3) あらゆる人の喜びをみてみずからも喜ぶ心を限りなく起すこと (喜無量心) ,(4) いずれにもかたよらない平静な心を限りなく起すこと (捨無量心) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐むりょうしん〔‐ムリヤウシン〕【四無量心】

仏語。仏が一切の衆生(しゅじょう)に対してもつ、無限で平等な4種の哀れみの心。慈無量心・悲無量心・喜無量心・捨無量心。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しむりょうしん【四無量心】

〘仏〙 仏が一切の衆生しゆじように対してもつあわれみの心。安楽を与えようとする慈無量心、苦難を除こうとする悲無量心、衆生が喜びを得ることを喜ぶ喜無量心、執着の心がなく誰に対しても平等である捨無量心の四つをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四無量心
しむりょうしん

仏教において説かれる徳目の一つ。四等(しとう)、四梵住(しぼんじゅう)などともいう。あまねく世界に限りなく及ぼされるべき四つの心。慈、悲、喜、捨の四つをさす。慈とは他者への慈しみ、悲とは他者へのいたわり、喜とは他者の喜びを己(おの)が喜びとすること、捨とはいっさいの感情を離れて他者のすべてを平等にみること。[松田愼也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四無量心の言及

【慈悲】より

…慈悲という仏教的な愛の精神は,基本的には自己は無我であると悟るところにあらわれる自他不二の精神から起こる。その精神が具体化されたものが,大乗における六波羅蜜の実践行であり,慈悲を本質とする阿弥陀,あるいは慈悲の権化といわれる観音菩薩であり,大乗・小乗に共通な四無量心といわれる修行法である。四無量心は慈・悲・喜・捨の4段階からなり,慈・悲は前2段階を構成する。…

※「四無量心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android