コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同感 ドウカン

デジタル大辞泉の解説

どう‐かん【同感】

[名](スル)同じように感じること。その意見や考えに賛成であること。また、そのような意見や考え。「私も同感だ」「彼の説に同感する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どうかん【同感】

( 名 ) スル
同じように考えること。同じように感ずること。 「 -の意を表す」 「君の意見には全く-だ」 「彼の主張には-するところが多い」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の同感の言及

【道徳感情論】より

…その際〈見物人spectators〉という概念を導入して,まず外部にいる現実の〈見物人〉が個人の行動に影響を与えること,次に内なる〈見物人〉が実際の外部の〈見物人〉の反応を予測すること,そして自分自身の中の〈公平無私なる見物人〉が良心に従った道徳的判断を選ばせること,などを説明する。このような心理過程を〈同感〉という概念で特徴づけ,それが安定的な社会集団の生成と維持にとって欠かせないものだと論じている。後に出版される有名な《国富論》とこの《道徳感情論》との間に,スミスの社会哲学上の大きな転換があったかどうかについての論争もある。…

※「同感」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同感の関連情報