四種曼荼羅(読み)シシュマンダラ

大辞林 第三版の解説

ししゅまんだら【四種曼荼羅】

密教でいう、大曼荼羅・三昧耶さんまや曼荼羅・法曼荼羅・羯磨かつま曼荼羅の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四種曼荼羅の言及

【曼荼羅】より

…また彫刻の群像をもって立体的に構成した曼荼羅も羯磨曼荼羅という。以上大,三,法,羯の4種の形像曼荼羅を総称して四種曼荼羅と称し,金剛界曼荼羅の主要部を構成している。
[曼荼羅の形態]
 インドでは地を選び,四隅に棒を立て,紐を回して結界し,その中に清浄な泥土をぬって壇を築き,表層に白土を塗り,諸尊を安置したり描いたりする。…

【両界曼荼羅】より

…その上方の供養会は,社会行動をする際,互いに供養し和み合う世界を求める羯磨(行為)曼荼羅。以上の大・三・法・羯の4曼荼羅を総称して,四種曼荼羅という。供養会の上方の四印会は,大衆に理解しやすいように四種曼荼羅を簡略化した,尊像と三昧耶形併用の曼荼羅である。…

※「四種曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android