四種曼荼羅(読み)ししゅまんだら

精選版 日本国語大辞典「四種曼荼羅」の解説

ししゅ‐まんだら【四種曼荼羅】

〘名〙 仏語。真言密教の四種の曼荼羅(まんだら)。諸仏菩薩の形像を描いた大曼荼羅、諸仏菩薩の本誓をあらわす持物や印契などを描いた三昧耶(さんまや)曼荼羅、諸仏菩薩の真言・種子などを示した法曼荼羅、諸仏菩薩の威儀・事業や像などを表わした羯磨(かつま)曼荼羅の総称。曼荼羅とは輪円具足の意で、一切の相を一色相、二形象、三名称、四動作の四つによって示したことから、「四曼」ともいう。
※松屋本山家集(12C後)「四種曼多羅 大 さまざまにそめつつきけるきぬの色をやがてさとりにかへりつるかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四種曼荼羅の言及

【曼荼羅】より

…また彫刻の群像をもって立体的に構成した曼荼羅も羯磨曼荼羅という。以上大,三,法,羯の4種の形像曼荼羅を総称して四種曼荼羅と称し,金剛界曼荼羅の主要部を構成している。
[曼荼羅の形態]
 インドでは地を選び,四隅に棒を立て,紐を回して結界し,その中に清浄な泥土をぬって壇を築き,表層に白土を塗り,諸尊を安置したり描いたりする。…

【両界曼荼羅】より

…その上方の供養会は,社会行動をする際,互いに供養し和み合う世界を求める羯磨(行為)曼荼羅。以上の大・三・法・羯の4曼荼羅を総称して,四種曼荼羅という。供養会の上方の四印会は,大衆に理解しやすいように四種曼荼羅を簡略化した,尊像と三昧耶形併用の曼荼羅である。…

※「四種曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報