コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大曼荼羅 ダイマンダラ

大辞林 第三版の解説

だいまんだら【大曼荼羅】

〘仏〙
四種曼荼羅の一。諸尊の姿などを極彩色で描いた曼荼羅。
日蓮宗で、法華経本門の諸尊の会座を文字で書き表したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大曼荼羅の言及

【曼荼羅】より

…7世紀初めの初唐には,密教の金剛界において行われるような本尊を観想するための,ヒンドゥー教の瑜伽(ゆが)観法がみられ,これ以後,観想はますます発達する。7世紀中期の《陀羅尼集経》には,諸尊を集合した普集会壇が作られ,各種諸尊法の発達が著しく,仏部,金剛部,観音部の3部構成の大曼荼羅が出現し,8世紀初めの菩提流志(ぼだいるし)訳《不空羂索(ふくうけんじやく)神変真言経》や《一字仏頂輪王経》では,中尊はいまだ釈迦如来だが,他の諸尊の配置は,胎蔵曼荼羅成立直前のものにまで整備発達した。 このように曼荼羅は本来壇を中心とする個別の曼荼羅に源を発し,時代とともに離合集散しながらしだいに総合されてきた。…

※「大曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大曼荼羅の関連キーワード弘法寺(千葉県)本興寺(静岡県)妙覚寺(京都市)南無妙法蓮華経当麻曼荼羅縁起胎蔵界曼荼羅身延山久遠寺十界大曼荼羅諸説不同記池上本門寺清海曼荼羅柴又帝釈天宅磨勝賀妙法華寺法華経寺孝道教団金剛頂経極彩色本妙寺要法寺

大曼荼羅の関連情報