コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転スペクトル かいてんスペクトルrotation spectrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転スペクトル
かいてんスペクトル
rotation spectrum

回転準位をもつ分子から放出される光は回転準位に特徴的な振動数をもち,そのスペクトルを回転スペクトルという。2つの回転準位 EE' の間の遷移により放出される光の振動数は (EE')/h ( hプランク定数 ) である。一酸化炭素,メタン,アンモニアなどの気体分子の放出する赤外線中には,回転スペクトルが実験的に見出されている。一般に光の放出は角運動量保存則によって許される最小値をとり,大きな角運動量の変化は,選択則によって禁止される。たとえば対称こま形分子の放出する赤外線の回転スペクトルに対し,角運動量変化 |ΔJ| は0または1という選択則が成り立つ。このことは赤外線の吸収にもあてはまる。偶偶核の回転準位の場合 ( J=0 ,2,4,…) には,γ線放出は隣接準位 ( |ΔJ|=2 ) の間で起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の回転スペクトルの言及

【光スペクトル】より

…原子や固体中のイオンの電子状態の間の遷移に対応するスペクトル線はおもに可視から紫外の領域に現れ,励起状態の間の遷移は赤外領域にも現れる。分子が放出または吸収する光のスペクトルは分子スペクトルと呼ばれ,これは,電子状態間の遷移に対応する部分,分子を形成している原子の振動状態の遷移に対応する部分(振動スペクトルという)および分子の回転状態の遷移に対応する部分(回転スペクトル)に分けて考えることができる。このうち,電子遷移に対応するスペクトル線はほとんどが紫外領域に現れ,可視領域に現れることはまれである。…

※「回転スペクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

回転スペクトルの関連キーワードフォルトラダイアグラムアイソトープ効果分子スペクトル等電子原理結合間隔エタン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android