コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡浄成女 いなばの きよなりめ

1件 の用語解説(因幡浄成女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

因幡浄成女 いなばの-きよなりめ

?-796 奈良時代の女官。
因幡(鳥取県)高草郡から朝廷に出仕した采女(うねめ)。宝亀(ほうき)2年国造(くにのみやつこ)氏から因幡氏に改姓し,因幡国の律令国造(りつりょうこくぞう)となった。桓武(かんむ)天皇の寵愛(ちょうあい)をうけ,正四位上までのぼった。延暦(えんりゃく)15年10月15日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

因幡浄成女の関連キーワードオッファサンバーパキスタン大地震の概況と復興の現状冥王星皇朝十二銭定額寺東寺包蔵水力藤原継縄藤原常嗣

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone