コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡浄成女 いなばの きよなりめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

因幡浄成女 いなばの-きよなりめ

?-796 奈良時代の女官。
因幡(鳥取県)高草郡から朝廷に出仕した采女(うねめ)。宝亀(ほうき)2年国造(くにのみやつこ)氏から因幡氏に改姓し,因幡国の律令国造(りつりょうこくぞう)となった。桓武(かんむ)天皇の寵愛(ちょうあい)をうけ,正四位上までのぼった。延暦(えんりゃく)15年10月15日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

因幡浄成女の関連キーワード因幡

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android