コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団七 ダンシチ

2件 の用語解説(団七の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんしち【団七】

浄瑠璃夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の登場人物。元禄8年(1695)ころ、大坂の高津祭礼の宵宮に長町裏で舅(しゅうと)を殺した魚売りの団七がモデルという。団七九郎兵衛
文楽人形の首(かしら)の一。町のならず者など、主として敵役に用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんしち【団七】

○ 浄瑠璃「夏祭浪花鑑なつまつりなにわかがみ」の主人公。
文楽人形の首かしらの一。大団七と小団七の二種類があり、大団七は時代物の敵役や強豪な役に、小団七は世話物の端敵はがたき役に使用する。に使ってからその名がある。 → かしら

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

団七の関連情報