コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲い込み カコイコミ

デジタル大辞泉の解説

かこい‐こみ〔かこひ‐〕【囲い込み】

外へ出ないよう囲いの中に入れること。中に取り込むこと。「羊の囲い込み
他者に取られないよう確保すること。「人材の囲い込み
エンクロージャー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かこいこみ【囲い込み】

囲い込むこと。
〔enclosure〕 近世初期のヨーロッパ、特にイギリスで、領主・大地主が牧羊業や集約農業を営むため、共同用益権を排して私的所有を主張し、示談や議会立法によって、開放耕地や共同放牧場などを囲い込んだこと。これにより中小の農民は没落し、農業労働者あるいは工業労働者となっていった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

囲い込み
かこいこみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

囲い込みの関連情報