コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図司呂丸 ずし ろがん

1件 の用語解説(図司呂丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

図司呂丸 ずし-ろがん

?-1693 江戸時代前期の俳人。
出羽(でわ)羽黒手向(とうげ)(山形県)の山伏法衣の染物師。松尾芭蕉(ばしょう)の「おくのほそ道」の旅に,出羽三山を案内。元禄(げんろく)5年伊勢(いせ)詣(もう)での途中,江戸深川に芭蕉をたずね,「三日月日記」の草稿をおくられた。元禄6年2月2日京都の各務支考(かがみ-しこう)宅で死去。通称は左吉。別号に啁栢堂,栢堂。著作に「聞書七日草」。
【格言など】消安し都の土ぞ春の雪(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の図司呂丸の言及

【呂丸】より

…江戸前期の俳人。姓は図司,また近藤,通称は左吉。啁栢堂(とうはくどう)と号す。出羽手向(とうげ)村で染物業を営んでいたが,“おくのほそ道”の旅で来遊した芭蕉に入門,この時《聞書七日草》(呂丸聞書)を残した。1692年江戸に芭蕉を訪ね《三日月日記》を与えられた。伊勢参宮ののち,京の支考を訪ねたが,翌年の2月2日京で客死。《陸奥鵆(むつちどり)》によると40歳に達しなかったらしい。〈苔の実や軒の玉だれ石の塔〉(《三山雅集》)。…

※「図司呂丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

図司呂丸の関連キーワード日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴西鶴置土産真如堂望月玉蟾熊斐男重宝記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone