コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国佐(3代) くにすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国佐(3代) くにすけ

?-? 江戸時代中期の刀工。
寛延2年(1749)広島から京都へ出,3代久道(ひさみち)の門にはいる。寛政のころまで存命という。通称は金吾

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国佐(3代)の関連キーワード刀工