コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存命 ゾンメイ

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐めい【存命】

[名](スル)この世に生きていること。「父の存命中はお世話になりました」「祖父母とも存命しております」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんめい【存命】

( 名 ) スル
生きていること。 「亡父-中はお世話になりました」 「せめては-せらるる有志者の/経国美談 竜渓」 〔「存命」は生きていることをいうが、その人が死んだ後の時点に立っていう場合にも用いる。それに対し「生存」は命を保って現に存在していることを一般的にいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

存命の関連キーワードバッハ:序曲 ト短調/piano soloポルトガル・ブラジル大百科事典中国残留日本人孤児の養父母ルートウィヒ[1世]セレウコス4世土呂久ヒ素公害ユーグ・カペーシャム双生児ユウェナリス国佐(3代)アルミニウスアナクレツス喜多川相説多川源太夫日本国際賞アクバル廟生身天満宮建仁寺東寂曽我二直庵藤原資房

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存命の関連情報