存命(読み)ゾンメイ

デジタル大辞泉の解説

ぞん‐めい【存命】

[名](スル)この世に生きていること。「父の存命中はお世話になりました」「祖父母とも存命しております」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞんめい【存命】

( 名 ) スル
生きていること。 「亡父-中はお世話になりました」 「せめては-せらるる有志者の/経国美談 竜渓」 〔「存命」は生きていることをいうが、その人が死んだ後の時点に立っていう場合にも用いる。それに対し「生存」は命を保って現に存在していることを一般的にいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞん‐めい【存命】

〘名〙 生きていること。生きながらえていること。生存存生(ぞんじょう)
※将門記(940頃か)「况むや存命せる黎庶」
※徒然草(1331頃)九三「人、死を憎まば、生を愛すべし。存命の喜び、日々に楽しまざらんや」 〔北魏書‐田益宗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

存命の関連情報