コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国儲 コクチョ

デジタル大辞泉の解説

こく‐ちょ【国×儲】

君主・諸侯の跡継ぎ。
奈良・平安時代、臨時の用に備えて、正税の中から割いて諸国に蓄えておいた官稲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくちょ【国儲】

国王・君主の後継者。
奈良・平安時代、国衙こくがの諸経費にあてるために正税しようぜいの中から諸国に蓄えさせた官米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国儲の関連キーワード平安時代公廨稲後継者諸経費諸侯臨時奈良君主国王

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android