コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国内均衡 こくないきんこうdomestic equilibrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国内均衡
こくないきんこう
domestic equilibrium

国民経済内部の生産要素が過不足なく利用され,かつ製品も総需要と総供給が均衡を保ち,深刻な不景気や失業,物価上昇がない状態。対外均衡とのバランスを保ちながら経済成長をとげていくのが望ましいが,概して失業をなくしたり好景気を追求すれば物価上昇や国際収支赤字に陥りやすく,逆に対外均衡を達成しようとすれば不景気や失業が発生しやすいという問題がある。そこで財政・金融の両政策を用いて両者を解決しようとするポリシー・ミックスの考え方が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国内均衡
こくないきんこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国内均衡の関連キーワード変動為替相場制度変動為替相場制最適為替レート通貨供給方式管理通貨制度

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android