コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国分町

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国分町

名前は、伊達氏より前に仙台を領有していた国分氏に由来するとされる。問屋など商人の街として栄えた。飲食店街となったのは戦後で、稲荷小路が先。国分町通周辺は、倉庫群が仙台郊外の卸商団地に移ったことなどに伴い、昭和40〜50年代にビル開発されて飲食店がテナントとして入った。「社用族」を中心に高級クラブなどが栄えたが、バブル経済崩壊後は風俗店が目立ち始める。一時はピンクチラシが街中にあふれたが、県警の取り締まりにより一掃に成功。続いて客引き排除を目指す。一方で「空き店舗」が出始めてきている。

(2006-12-22 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国分町の関連キーワード能登国分寺展示館鈴鹿市考古博物館国分(鹿児島県)国分(大阪府)石見国分寺跡能登国分寺跡伊勢国分寺跡鈴鹿[市]鈴鹿(市)堀之内貝塚和泉国鈴鹿市摂津国伊勢国筑後国柏原市千松島志ら梅能登国カメイ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国分町の関連情報