コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原町 はらまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原町
はらまち

福島県北東部,南相馬市中部の旧市域。太平洋に臨む新田川(にいだがわ)下流域にある。1954年町と高平村,太田村,大甕村の 3村が合体して市制。1956年石神村を編入。2006年小高町,鹿島町と合体して南相馬市となった。中心市街地の原町は陸前浜街道(国道6号線)の宿場町として栄えた。1898年日本鉄道常磐線開通により発展。相馬郡,双葉郡の行政出先機関が集まる。精密機械,電子,パルプなどの工場が進出している。周辺部は耕地が開け,米作と野菜栽培が盛ん。毎年 7月下旬雲雀ヶ原で行なわれる相馬野馬追いの行事は有名で,国の重要無形民俗文化財に指定されている。また,国の史跡の桜井古墳羽山横穴,国の重要文化財の旧武山家住宅がある。

原町
はらまち

群馬県中部,東吾妻町北部の中心集落および旧町域。吾妻川中流域に位置する。 1889年町制施行。 1955年近隣3村と合体し,1956年吾妻町に改称。 2006年村と合体して東吾妻町となった。元和年間 (1615~24) に岩櫃城の城下町であった平川戸から町人を転居させたのが町の起源。中之条盆地の西端に位置し,近世には北東約 3kmにある中之条と隔月で1,6を市日とする六斎市が立った。吾妻川流域のなかでは中之条に次ぐ商業地。国の天然記念物の大ケヤキがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はらまち【原町】

福島県北東部にあった市。平成18年(2006)1月、鹿島町・小高町と合併して南相馬市となった。→南相馬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらまち【原町】

福島県北東部、南相馬市の地名。旧宿場町で相馬地方の中心。紡織・精密・光学機械の工場が立地。雲雀ヶ原で、野馬追のまおいが行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原町の言及

【粕屋[町]】より

…多々良川本支流および須恵川の低地で占められる。南北に走るJR香椎線,東西に並走するJR篠栗線,国道201号線,さらに九州自動車道福岡インターチェンジがあり,交通の便が良いため,中心集落原町(はるまち)付近まで福岡東部の市街地が拡大・延長し,かつての水田地帯は福岡市のベッドタウンとして大きな変化を遂げた。人口も急激に増加した。…

※「原町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原町の関連キーワード群馬県吾妻郡東吾妻町原町福島県南相馬市原町区北泉原町(福島県)吾妻(群馬県)中村(福島県)伊都キャンパス県議会の1人区南相馬市博物館福島県南相馬市宮崎県西諸県郡原町(群馬県)南相馬(市)庄司 良朗粕屋[町]那須塩原市河内長野市楢葉[町]吾妻[町]沼津[市]原町[市]

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原町の関連情報