コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原町 はらまち

14件 の用語解説(原町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原町
はらまち

福島県北東部,南相馬市中部の旧市域。太平洋に臨む新田川(にいだがわ)下流域にある。1954年原町と高平村,太田村,大甕村の 3村が合体して市制。1956年石神村を編入。2006年小高町,鹿島町と合体して南相馬市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

原町
はらまち

群馬県中部,東吾妻町北部の中心集落および旧町域。吾妻川中流域に位置する。 1889年町制施行。 1955年近隣3村と合体し,1956年吾妻町に改称。 2006年村と合体して東吾妻町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はらまち【原町】

福島県北東部にあった市。平成18年(2006)1月、鹿島町・小高町と合併して南相馬市となった。→南相馬

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はらまち【原町】

福島県北東部、南相馬市の地名。旧宿場町で相馬地方の中心。紡織・精密・光学機械の工場が立地。雲雀ヶ原で、野馬追のまおいが行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原町の言及

【粕屋[町]】より

…多々良川本支流および須恵川の低地で占められる。南北に走るJR香椎線,東西に並走するJR篠栗線,国道201号線,さらに九州自動車道福岡インターチェンジがあり,交通の便が良いため,中心集落原町(はるまち)付近まで福岡東部の市街地が拡大・延長し,かつての水田地帯は福岡市のベッドタウンとして大きな変化を遂げた。人口も急激に増加した。…

※「原町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原町の関連キーワード福島県南相馬市小高区小高福島県南相馬市小高区本町鹿島〈町〉福島県南相馬市鹿島区江垂福島県南相馬市鹿島区小池福島県相馬市中野福島県相馬市中村原町〈市〉福島県南相馬市原町区泉福島県南相馬市原町区牛来

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原町の関連情報