コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民教育委員会 こくみんきょういくいいんかいKomisja Edukacji Narodowej

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民教育委員会
こくみんきょういくいいんかい
Komisja Edukacji Narodowej

1773年に創設されたポーランドの公共教育省。文部省類似の機関としては世界最初のもの。啓蒙思想の影響下にイエズス会修道院の施設を収用し,国立の世俗的な中等学校を設立。国語,国史,経済学,公民学,自然科学などの教育を重視した。大学を近代化し,師範学校を創設,小規模ながら農民のための初等教育も実施した。 95年第3次ポーランド分割による独立喪失とともに廃止。主たる活動家は国王スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキ,A.チャルトルイスキ,H.コウォンタイ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国民教育委員会の関連キーワードポーランド史ザモイスキポトツキ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android