コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連通常軍備委員会 こくれんつうじょうぐんびいいんかい United Nations Commission for Conventional Armaments

1件 の用語解説(国連通常軍備委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連通常軍備委員会
こくれんつうじょうぐんびいいんかい
United Nations Commission for Conventional Armaments

1947年2月 13日,安全保障理事会の決議によって創設された国連の軍縮交渉専門機関の一つ。同理事会の 11理事国代表をもって構成された。この委員会の審議は,同年3月~50年4月に行われたが,「通常軍備の縮小問題とともに原子力兵器の禁止問題も審議すべきである」というソ連などの主張と,「原子力兵器禁止問題はすでに国連原子力委員会に委任されているから,通常軍備問題だけを審議しよう」というアメリカなどの意見が対立して,成果はあがらなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連通常軍備委員会の関連キーワード国連安全保障理事会平和のための結集決議UNSC国連シリア監視団安全保障条約国際連合安全保障理事会安保理決議安保理事会外務・安全保障上級代表国際連合安全保障理事会決議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone