コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連軍縮委員会 こくれんぐんしゅくいいんかいUnited Nations Disarmament Commission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連軍縮委員会
こくれんぐんしゅくいいんかい
United Nations Disarmament Commission

国際連合の軍縮交渉専門機関。初めは 1952年1月11日の国連総会決議によって安全保障理事会のもとに設けられ,構成国は安全保障理事会の 11理事国およびカナダの 12ヵ国(カナダが理事国の場合は 11ヵ国)であった。これにより,国連の原子力委員会通常軍備委員会は解消された。1954年4月,アメリカ合衆国ソビエト連邦の意見の相違から,軍縮委員会のもとにアメリカ,ソ連,フランス,カナダからなる小委員会が設けられたが,具体的な成果が得られぬまま 1957年9月審議を中止した。同年11月国連軍縮委員会は新たに 25ヵ国で構成されることになり,次いで 1959年から国連の全加盟国がそのメンバーとなったが,1965年以降は休眠状態であった。その後,1978年の国連軍縮特別総会の結果,軍縮活動を審議する国連総会の補助機関として復活した。1959年以降,実質的な軍縮交渉は主として国連外の交渉機関の手にゆだねられ,十ヵ国軍縮委員会十八ヵ国軍縮委員会軍縮会議へと引き継がれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国連軍縮委員会【こくれんぐんしゅくいいんかい】

軍備縮小推進を目的とした国際連合の補助機関。1952年原子力委員会と通常兵器委員会を統合し,安全保障理事会の補助機関として創設された。ソ連と米国・西側諸国の意見不一致で実質的討議はできず,1958年設立の10ヵ国軍縮委員会ジュネーブ軍縮委員会)がその役割を果たしてきた。
→関連項目原子力管理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくれんぐんしゅくいいんかい【国連軍縮委員会】

世界各国の軍備(兵員や兵器)を規制し,縮小または撤廃する計画を討議する国際連合の機関。軍縮委員会には次の2種のものがある。第1は,国連軍縮委員会UNDC(United Nations Disarmament Commission)と呼ばれる国際連合の固有の機関であり,1952年国連総会の決議により,従来の原子力委員会と通常軍備委員会を統合して,安全保障理事会の補助機関として新たに設けられた。58年以来,この委員会のメンバーは国連の全加盟国に拡大されたため,実質的な討議はジュネーブの軍縮委員会にゆだね,永らく休眠状態にあったが,78年の軍縮特別総会の決議により,国連軍縮委員会を国連総会の補助機関として再発足することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報