国際ジオダイナミクス計画(読み)こくさいジオダイナミクスけいかく

百科事典マイペディアの解説

国際ジオダイナミクス計画【こくさいジオダイナミクスけいかく】

Geodynamics Projectの訳でGDPと略称。地球マントル内の運動の解明を主テーマとし,1973年―1978年に実施された国際協力による地球内部の長期研究計画。国際地球内部開発計画の成果をもとに,国際測地学地球物理学連合(IUGG)と国際地質学連合(IUGS)が中心になり1970年国際ジオダイナミクス委員会(ICG)が発足。参加国は日本も含めて44ヵ国。日本は,西太平洋下のマントルおよび地殻の動きと構造の解明,島弧の動きと構造の解明,マントル対流の基礎的研究としての地球内部に由来する岩石,鉱物の物理化学的研究の3テーマを分担。GDPは多くの成果を上げ,1980年代に入って次段階の国際リソスフェア計画に発展。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいジオダイナミクスけいかく【国際ジオダイナミクス計画 International Geodynamics Project】

略称GDP。1973‐78年の期間に実施された国際的固体地球科学の研究計画。1963‐71年に行われた国際地球内部開発計画(UMP)が大きな成功を収め,大陸移動説海洋底拡大説プレートテクトニクスなどを確立したので,その成果をさらに高めるべく立案された。日本でも多数の地球科学者の参加の下に,(1)西太平洋の海底,(2)マントル対流,(3)島弧,の3大項目について集中的研究が進められていた。この計画は引き続き1980年代の国際リソスフェア計画へと発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android