国際測地学地球物理学連合(読み)こくさいそくちがくちきゅうぶつりがくれんごう(英語表記)International Union of Geodesy and Geophysics

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際測地学地球物理学連合
こくさいそくちがくちきゅうぶつりがくれんごう
International Union of Geodesy and Geophysics

国際科学会議(ICSU)傘下の地球物理学の国際学術組織(union)。略称IUGG。1919年に測地、地震、地球電磁気、気象、海洋、火山の各国際協会(association)が連合して結成し、1922年に陸水学、2007年には雪氷圏科学が加盟して8国際協会体制になった。地球の気圏、水圏、岩石圏、さらに地球周辺の空間や惑星などに関連する、広い意味での地球物理学を発展させることを目的とする国際団体である。総会は4年ごとに開催されており、近年の開催地は第22回バーミンガム(イギリス、1999)、第23回札幌(日本、2003)、第24回ペルージャ(イタリア、2007)、第25回メルボルン(オーストラリア、2011)となっている。1999~2003年は河野長(こうのまさる)が日本人としては初めて会長を務めた。

[河野 長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際測地学地球物理学連合
こくさいそくちがくちきゅうぶつりがくれんごう
International Union of Geodesy and Geophysics; IUGG

1919年,国際学術研究会議のもとに発足,のちに国際学術連合会議 (→国際科学会議) 傘下の組織となる。測地学,地震学,気象学,地球電磁気学,海洋学,火山学,陸水学などの分科をもつ。国際地球観測年国際静穏太陽観測年国際地球内部開発計画,国際地球動力学計画などに参加した。日本は日本学術会議が加盟し,地球惑星科学委員会国際対応分科会が対応している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android