コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際測地学地球物理学連合 こくさいそくちがくちきゅうぶつりがくれんごう International Union of Geodesy and Geophysics; IUGG

2件 の用語解説(国際測地学地球物理学連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際測地学地球物理学連合
こくさいそくちがくちきゅうぶつりがくれんごう
International Union of Geodesy and Geophysics; IUGG

1919年,国際学術研究会議のもとに発足,のちに国際学術連合会議 (→国際科学会議) 傘下の組織となる。測地学,地震学,気象学,地球電磁気学,海洋学,火山学,陸水学などの分科をもつ。国際地球観測年国際静穏太陽観測年国際地球内部開発計画,国際地球動力学計画などに参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際測地学地球物理学連合
こくさいそくちがくちきゅうぶつりがくれんごう
International Union of Geodesy and Geophysics

国際科学会議(ICSU)傘下の地球物理学の国際学術組織(union)。略称IUGG。1919年に測地、地震、地球電磁気、気象、海洋、火山の各国際協会(association)が連合して結成し、1922年に陸水学、2007年には雪氷圏科学が加盟して8国際協会体制になった。地球の気圏、水圏、岩石圏、さらに地球周辺の空間や惑星などに関連する、広い意味での地球物理学を発展させることを目的とする国際団体である。総会は4年ごとに開催されており、近年の開催地は第22回バーミンガムイギリス1999)、第23回札幌(日本、2003)、第24回ペルージャ(イタリア、2007)、第25回メルボルンオーストラリア、2011)となっている。1999~2003年は河野長(こうのまさる)が日本人としては初めて会長を務めた。[河野 長]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際測地学地球物理学連合の関連キーワードICSU家族問題研究学会鎌倉遺文研究会鶏病研究会史学研究会戦国史研究会台湾史研究会たたら研究会東洋史研究会肉用牛研究会

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone