コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際児童年 こくさいじどうねん

2件 の用語解説(国際児童年の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

国際児童年【こくさいじどうねん】

1959年11月20日に国連総会で採択された〈児童の権利に関する宣言〉の採択20周年を記念して,1979年を国際児童年とする決議が,1976年の国連総会で採択された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

国際児童年

1979年。国際年のひとつ。児童の権利に関する宣言の国連総会での採択(1959年11月)の20周年を記念して定められた。英語表記は《International Year of The Child》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際児童年の関連キーワード子供の権利条約国連人間居住計画国際人権章典社会権規約BWC強制的失踪防止条約高齢者のための国連原則国連子どもの権利条約(国連児童の権利条約)国連子どもの権利条約体育スポーツ国際憲章

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際児童年の関連情報