コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際共同企業 こくさいきょうどうきぎょう international common enterprise

1件 の用語解説(国際共同企業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際共同企業
こくさいきょうどうきぎょう
international common enterprise

資本・株式の構成,生産・販売活動,経営などの面で複数の国にまたがった事業活動を行う企業。国際共同企業呼ばれるものの範囲は,広義には共有財産の運用を中心とする単なる企業提携関係から,多国籍企業に代表されるように多数国資本により構成されるが,独自の法人格をもち,国際的な事業活動を行う段階にある企業,さらには政府間協定に基づき,私人に対し国際的な公共事業活動 (運河,空港の建設,核燃料の再生など) を認めるものまでもが含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際共同企業の関連キーワード固定資本産業資本資本構成操業度流動資本資本の有機的構成販売員報告書販売生産性巡回販売経営資本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone