コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際十進分類法 こくさいじっしんぶんるいほう

百科事典マイペディアの解説

国際十進分類法【こくさいじっしんぶんるいほう】

米国のM.デューイの創案した十進分類法を基礎に,1895年設立された国際書誌学会(現在の国際ドキュメンテーション連盟)が特殊に細目区分を施した図書分類法。専門学者の国際的協力とベルギー政府の援助の下に着手,1905年フランス語第1版が完成,その語英語版,ドイツ語版も刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

国際十進分類法

ラ・フォンテーヌ(Henri La Fontaine 1854-1943)とオトレによる『デューイ十進分類法第5版』の紹介に端を発し,根幹はそれに依拠しつつ展開されて,1905年の国際第1版(フランス語版)以降,言語別,詳細度別の諸版および専門版が刊行されている一般分類表.学術論文など詳細なレベルの主題までを想定し,それに含まれる諸概念相互の関係を示すため,多様な記号を媒介として,すべての主標目に適用できる共通補助標数(記号),および特定の主標目にしか適用できない固有補助標数(記号)を主標数に組み合わせることにより,および連結記号の使用により,多面的で精密な主題表現を可能としている.当初は国際書誌協会(IIB: Institut International de Bibliographie)が維持管理にあたっていたが,次に国際ドキュメンテーション連盟(FID: Fédération Internationale de Documentation)が,そして1993年からはUDC Consortiumがそれにあたっている.日本語中間版は第3版(1994)が最新版で,情報科学技術協会が維持管理していたが,2004年に情報科学技術協会はUDC事業からの撤退を表明した.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の国際十進分類法の言及

【図書分類法】より

…その構成は(0)総記,(1)哲学,(2)歴史,(3)社会科学,(4)自然科学,(5)工学・技術,(6)産業,(7)芸術,(8)語学,(9)文学である。 また同じ十進法でありながら自然科学に重きを置いたものに1905年刊行の《国際十進分類法Universal Decimal Classification》(略号UDC)がある。分類項目数およそ13万のうち,技術が56%,自然科学が27%を占め,豊富な補助記号を使って細かく分類されており,自然科学系の資料分類に使われる。…

※「国際十進分類法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際十進分類法の関連キーワード国際情報ドキュメンテーション連盟情報科学技術協会(日本)ドンケル=デュイヴィス多記入索引法固有補助記号共通補助記号観点分類法十進記号法自動分類簡略版医学挿入主類

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android