国際地球内部ダイナミクス計画(読み)こくさいちきゅうないぶだいなみくすけいかく(英語表記)International Geodynamics Project

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際地球内部ダイナミクス計画
こくさいちきゅうないぶだいなみくすけいかく
International Geodynamics Project

略称GDP。国際地球内部開発計画(略称UMP(アンプ))の成果を継承し、とくに地球表面近くのさまざまな地学現象を引き起こす物理・化学過程を明らかにすることを目的として、1970年代に実施された国際協力研究事業。国際測地学地球物理学連合(略称IUGG)と国際地質科学連合(略称IUGS)が共同で推進し、日本でも(1)西太平洋、(2)島弧、(3)マントル物性の三つを主要テーマに多くの研究が実施された。プレートテクトニクスがよく成り立っている所(おもに海洋地域)と、縁海や大陸衝突地域などのプレートテクトニクスによる説明が十分ではない場所が、世界的な規模で明らかになったのが最大の成果である。なお、1980年代には、GDPに引き続いて国際リソスフェア探査開発計画(Dynamics and Evolution of the Lithosphere Project:DELP)が実施された。[河野 長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android