国際数学オリンピック(読み)こくさいすうがくおりんぴっく(英語表記)International Mathematical Olympiad

日本大百科全書(ニッポニカ)「国際数学オリンピック」の解説

国際数学オリンピック
こくさいすうがくおりんぴっく
International Mathematical Olympiad

数学の問題を解く能力を競う国際大会。国際科学オリンピックの一つである。略称IMO。20歳未満で、大学教育を受けていない者が対象。数学的な才能に恵まれた若者をみいだし、若者や教育関係者同士の国際交流を深めながら、才能を伸ばす手助けをすることを目的としている。第1回大会は1959年にルーマニアで開かれ、以降毎年7月に2週間をかけ、100前後の国と地域から500人を超える選手が参加して行われている。大会は参加国の持ち回りで開催されており、各国は国内コンテストなどで選考された6人以内の代表選手を派遣することができる。日本は1990年に54か国が参加して開かれた第31回北京(ペキン)大会に初めて選手団を派遣し、2003年(平成15)には日本で初めての大会が東京で開かれ、82の国と地域が参加した。

 競技は、参加国があらかじめ提案している問題のなかから6問が選ばれ、選手は1日3問ずつの合計6問を2日間で解く。問題の内容は、世界各国の高等学校程度の知識を前提にした応用問題で、整数問題、幾何、組合せ、式変などから出題される。両日ともに1問目から徐々に難度が高くなっていく。配点は1問7点で、満点は42点。6問の合計点により、参加者のおよそ半数がメダルを受け、金、銀、銅の割合は1:2:3である。正答が4問で金、3問で銀、2問で銅が授賞の目安となっている。なお、国別ランキングは選手団が獲得した得点の合計で決められる。

 日本における国際数学オリンピックへの派遣事業は、公益財団法人数学オリンピック財団によって行われている。財団では国際数学オリンピックに関連し、日本代表選手の選抜大会である日本数学オリンピック(JMO:Japan Mathematical Olympiad)のほか、日本ジュニア数学オリンピック(JJMO:Japan Junior Mathematical Olympiad)、アジア太平洋数学オリンピック(APMO:Asian Pacific Mathematics Olympiad)などを開催している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵「国際数学オリンピック」の解説

国際数学オリンピック

世界の高校生以下を対象に、年1回行われている数学のオリンピック。現在の形の競技は、1959年のルーマニア大会から始まった。日本は、中国で開催された90年の第31回大会から正式参加。2003年7月には日本で、07年7月の第48回大会はベトナムで開催された。

(桂利行 東京大学大学院教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディア「国際数学オリンピック」の解説

国際数学オリンピック【こくさいすうがくオリンピック】

略称IMO。毎年夏,世界各国から高校生を集めて行う数学コンテスト。第1回は1959年にルーマニアで開かれ,日本は1989年の北京大会から参加。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「国際数学オリンピック」の解説

こくさい‐すうがくオリンピック【国際数学オリンピック】

アイ‐エム‐オー(IMO)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android