コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際海洋博覧会 こくさいかいようはくらんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際海洋博覧会
こくさいかいようはくらんかい

1975年7月 20日から 76年1月 18日にかけて沖縄の本部 (もとぶ) 半島で「海-その望ましい未来」をテーマとして開催された万国博覧会。万国博覧会にはテーマを限った特別博と範囲を限定しない一般博があるが,この博覧会は日本で初めての特別博であり,また沖縄返還の記念事業として企画されたものであった。 36ヵ国,3国際機関,1自治領が参加,国内からは8つの民間グループが加わり,水陸合せて 100万m2の会場にアクアポリスなど 20の展示館と大小の付帯施設群がつくられた。 3000億円に上る関連事業は沖縄の経済浮揚の起爆剤ともいわれたが,当時の皇太子明仁の訪問などをめぐる反対運動や石油危機の影響もあって,入場者数は延べ 350万人に満たずに目標を大きく下回り,期待どおりの効果は得られなかった。さらに行過ぎた観光開発による自然環境の破壊も問題になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国際海洋博覧会の関連キーワード沖縄海洋博覧会記念公園aquapolis国際花と緑の博覧会国際科学技術博覧会沖縄県国頭郡本部町博覧会国際事務局新交通システム沖縄自動車道沖縄記念公園黒沼ユリ子本部(町)サタワル島海洋博公園海洋文化館金城 信吉菊竹清訓海洋開発大浜信泉屋良朝苗金城信吉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際海洋博覧会の関連情報