コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際科学会議 こくさいかがくかいぎ International Council for Science

2件 の用語解説(国際科学会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際科学会議
こくさいかがくかいぎ
International Council for Science

かつては国際学術連合会議 International Council of Scientific Unionsと呼ばれていたが,1998年に現呼称に変更。略称は ICSUを継続。 1919年に設立された国際調査会議 International Research Councilを継承し,学術の諸分野ならびにその応用領域における国際的な活動を総合して 31年に設立された国際機関

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際科学会議
こくさいかがくかいぎ
International Council for Science

1931年に設立された国際学術機関。世界各国の主要な学術機関や、各学問分野を代表する国際学術連合をとりまとめる組織である。前身は1919年発足の国際学術研究会議International Research Council(IRC)。1998年に現在の名称にかわるまでは国際学術連合会議International Council of Scientific Unionsと称し、その略称ICSU(イクス)は改名後もそのまま使用されている。非政府・非営利機関であり、事務局はパリ。日本からは日本学術会議が参加している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際科学会議の関連キーワードICSU国際学術連合会議URSISCARSCOR国際測地学・地球物理学連合海洋研究科学委員会国際学術出版連合国際学生会議国際学生連合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際科学会議の関連情報