コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際連盟規約 こくさいれんめいきやくCovenant of the League of Nations

1件 の用語解説(国際連盟規約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際連盟規約
こくさいれんめいきやく
Covenant of the League of Nations

国際連盟の基本法。第1次世界大戦終結のためのパリ平和会議で採択されたベルサイユ対独平和条約をはじめ,その他の平和条約の第一編をなすもの。原締約国はベルサイユ条約署名国 32,中立国 13であり,全文 26ヵ条の開放条約である。軍縮の必要を承認し,戦争に訴えないこと,互いに独立と領土の保全を擁護することを約し,規約違反国に対し経済制裁を課す集団安全保障の制度を定めた。 1946年国際連合の発足とともに失効した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際連盟規約の関連情報