コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢板 やいた sheet pile

8件 の用語解説(矢板の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢板
やいた
sheet pile

板状の杭で,シートパイルともいう。本来は鉱山や炭鉱で坑道支保の枠の外側に岩や土砂のくずれ落ちるのを防ぎ,土圧を均等に枠に伝えるためはさんでおく板,もしくは,掘り進む場合落石や土砂のくずれ込みを防ぐためあらかじめ打込んでおく板のこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

や‐いた【矢板】

建築・土木の基礎工事で、土砂の崩壊や水の浸入を防ぐため、地盤に打ち込む板状の杭(くい)。木製・鋼製・鉄筋コンクリート製などがある。

やいた【矢板】[地名]

栃木県中北部の市。中世は塩谷氏の城下町電気機械工業・木工業や農業が行われる。人口3.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

矢板【やいた】

シートパイルとも。土砂の崩れを防ぐ等のため打ち込む板状の杭(くい)。両縁の凹凸を組み合わせて接続し,土留め,止水を目的として岸壁工事,橋の脚柱基礎工事などに使用される。
→関連項目土止め

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やいた【矢板 sheet pile】

シートパイルともいう。土止めや水止めを目的として,施工前に地盤に打ち込まれる細長い板状の杭。幅方向に接続させて打ち込み,隙間のない壁面を構築する。トンネル工事では,鉄枠などの坑道支保材の外側と周囲の地山との間に打ち込み,地山からの土圧を均等に分布させ支保材に伝達するとともに,落石と崩壊を防止することを目的としている。また,軟弱な地山に坑道を掘削する場合には,掘削前方の地山の天井にあらかじめ矢板を打ち込んで崩落を防ぎながら掘り進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やいた【矢板】

建築の基礎工事や土木工事などで、土砂の崩壊または水の浸入を防ぐため、周囲に打ち込む板状の杭。木製、鋼製、鉄筋コンクリート製などがある。

やいた【矢板】

栃木県中北部の市。県北の中心地として発展。製材業のほか、近年は工業団地が進出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢板
やいた
sheet pile

土木建築材料の一種。通常、連続して壁状に地盤中に打ち込み、横方向の外力に抵抗させて土止め壁または止水壁として用いる。土止め工、仮締切り工、築島、仮護岸などの仮設工事をはじめ、岸壁、護岸、防波堤、遮水壁、ドック渠壁(きょへき)、橋梁(きょうりょう)基礎など広範囲な用途に使用される。材料により、木矢板、コンクリート矢板、および鋼製矢板に大別される。
 木矢板は小規模な簡易土止めに用いられるが、一般に耐久性が乏しく、断面の大きなものが入手しにくいことなどから、現在では鋼製矢板にとってかわられている。
 コンクリート矢板は重量が大きく取扱いが不便である反面、腐食に対して有利であり、浅い水路側溝や簡単な永久土止め壁として用いられることが多い。コンクリート矢板としては鉄筋コンクリート矢板(RC矢板)、プレストレストコンクリート矢板(PC矢板)、加圧コンクリート矢板などがある。
 鋼製矢板には鋼矢板(シートパイル)、軽量鋼矢板(トレンチシート)、および鋼管矢板がある。鋼矢板としてはU形、Z形、H形、直線形など種々のものがあり、断面性能についても多くの種類があり、使用目的や条件に応じて任意に選択できるので、もっとも広く使用されている。軽量鋼矢板は普通の鋼矢板ほどに強度や止水性を必要としない小規模工事の浅い土止めなどに用いられる。また、鋼管矢板は断面強度がもっとも大きく、大規模な土止め、仮締切り工や護岸、基礎工などの永久構造物、あるいは仮設と本構造物の兼用で用いられる場合などに使用例が多い。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の矢板の言及

【建築施工】より

…そのような状態を山がくるといい,これを防止するための工事を山止め工事という。もっとも一般的な山止め工法は山止め壁(矢板)に負荷される土圧を水平切りばりで支持する水平切りばり工法である。このほかにも種々の工法があるが,いずれにしても山止め工事は不確実な要素の多い危険な工事であり,荷重や部材の変形状態をつねに測定しておき異常の早期発見に努めなければならない。…

【差矢法】より

…鉱山や建設現場で用いられる坑道支保技術の一つ。脆弱(ぜいじやく)で崩れやすい地盤を掘削する場合に,支保枠を施した安全な区域から,これから掘削する部分の地盤へ矢板または矢木(板状または柱状で先端をとがらせた坑木。鋼製のものもある)を打ち込んでおいて,その中を掘り進む。…

※「矢板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢板の関連キーワードシートパイルスパイクシューズ止めを刺す止め螺子止め椀ミートパイ道止めコルゲートパイプ止め矢土止め

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢板の関連情報