コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地改良機械 とちかいりょうきかい

1件 の用語解説(土地改良機械の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とちかいりょうきかい【土地改良機械】

耕地の物理性を改善して生産力を高めるための機械の総称で,心土破砕,混層耕,もぐら暗きょ敷設,排水溝掘削,石礫(せきれき)除去,抜根,均平などの作業を行う機械をいう。これらの機械の中には,耕地の開墾,造成のときに用いられるものもある。 心土破砕機は固結した心土を破砕して作物の根の伸長を助けるもので,プラウの下部に心土破砕用の刃をつけた心土耕プラウ呼ばれる型のものと,のみ形の刃をそなえた心土破砕専用の機械とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土地改良機械の関連キーワード生産力活性化剤機械化耕地紙価を高める高めるイオノホア限界生産力パートコート経営耕地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone