土地改良機械(読み)とちかいりょうきかい

世界大百科事典 第2版の解説

とちかいりょうきかい【土地改良機械】

耕地の物理性を改善して生産力を高めるための機械の総称で,心土破砕,混層耕,もぐら暗きょ敷設,排水溝掘削,石礫(せきれき)除去,抜根,均平などの作業を行う機械をいう。これらの機械の中には,耕地開墾造成のときに用いられるものもある。 心土破砕機は固結した心土を破砕して作物の根の伸長を助けるもので,プラウ下部に心土破砕用のをつけた心土耕プラウと呼ばれる型のものと,のみ形の刃をそなえた心土破砕専用の機械とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android