コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋邦敬 つちや くによし

2件 の用語解説(土屋邦敬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋邦敬 つちや-くによし

1831-1878 幕末-明治時代の農政家。
天保(てんぽう)2年3月11日生まれ。郷里美濃(みの)(岐阜県)で私財を投じて道路,橋,水路の開設,耕地の整理などにつくす。また宮崎安貞著「農業全書」11巻を出版して農民にくばり,農業の振興につとめた。明治11年9月1日死去。48歳。通称は兵十郎。号は有隣,双山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土屋邦敬

没年:明治11.9.1(1878)
生年:天保2.3.11(1831.4.23)
幕末明治期の農事改良家,文人。明治初年の地方行政の推進者。通称兵十郎,有隣・双山・苔石と号した。美濃国武儀郡上有知村の惣年寄土屋家に生まれる。道路や用水路,橋梁の開設や架設,耕地整理などを行い,農産物の増産に努めた。慶応2(1866)年には尾張藩士三浦千春と宮崎安貞の『農業全書』を出版した。また学校をおこし,明治6(1873)年には県より郡中惣代に任じられるなど,維新期の新政策の地域での推進者として活躍した。書画をよくし,同郷の画家村瀬秋水や長崎の画僧日高鉄翁などと交わる。特に蘭が得意で,鉄翁と並び称された。<参考文献>『岐阜県郷土偉人伝』

(松田之利)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土屋邦敬の関連キーワード鹿島安太郎香取権兵衛草山貞胤小林弥平権田愛三式田喜平内藤長太夫野口小成広江嘉平水越理三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone