コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐康貞 とき やすさだ

1件 の用語解説(土岐康貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐康貞 とき-やすさだ

?-1352 南北朝時代の武将。
土岐頼康(よりやす)(一説に土岐頼清(よりきよ))の弟。弓の名手であった。観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年3月,頼康とともに後村上天皇を擁する南朝軍と荒坂山でたたかったが,楠木(くすのき)一族の和田正忠(まさただ)に討たれた。通称は悪五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土岐康貞の関連キーワード今峰氏光土岐詮直土岐頼明土岐頼知土岐頼清土岐頼純土岐頼忠土岐頼直土岐頼春土岐頼寧