土戸(読み)ツチド

大辞林 第三版の解説

つちど【土戸】

泥土や漆喰しつくいを塗った引き戸。

どこ【土戸】

奈良・平安時代、京都の外の地の農民。地戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つち‐ど【土戸】

〘名〙
① 建物の一部が土間になっているとき、そこに設けられた戸。土妻戸と土遣戸がある。
※台記‐天養元年(1144)一一月一一日「依為通申、令土戸、為下人見也」
② 表面に泥土または漆喰(しっくい)を塗って作った引戸。〔日葡辞書(1603‐04)〕

ど‐こ【土戸】

〘名〙 奈良・平安時代、京洛の外の戸をいう。京の内の戸を京戸というのに対する語。
※三代実録‐元慶四年(880)三月一六日「注京戸男水田一段百歩。土戸男水田一段百四十歩。陸田六十歩

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土戸の関連情報