コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥温泉 といおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土肥温泉
といおんせん

静岡県東部,伊豆半島西海岸,伊豆市西部の土肥の中心集落にある温泉。天正年間 (1573~92) ,土肥鉱山の鉱内から湧出。第2次世界大戦後,新泉源の掘削によって湧出量が増えた。夏は海水浴,キャンプ,舟釣りの好適地。泉質硫酸塩泉泉温は 52~59℃。神経痛,婦人病,リウマチなどにきくといわれる。沼津寄りの小土肥,西伊豆寄りの八木沢温泉宿があり,総称して土肥温泉と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕土肥温泉(といおんせん)


静岡県伊豆(いず)市西部、伊豆半島西岸の山(やま)川河口部にわく行楽向きの温泉。江戸時代の金鉱山廃坑から湧出(ゆうしゅつ)した熱湯を温泉に利用。旅館のほか民宿が多く、避寒地として人気。温泉街南端に土肥金山資料館黄金館(おうごんのやかた)・天正(てんしょう)金鉱跡があり見学できる。ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温63.5℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

土肥温泉の関連キーワードサザ波キャンプ場静岡県伊豆市土肥[町]伊豆(市)江戸時代土肥峠

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土肥温泉の関連情報