コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在国衆 ザイコクシュウ

デジタル大辞泉の解説

ざいこく‐しゅう【在国衆】

室町時代、京都に参勤することなく、常にその領国に居住していた守護大名

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざいこくしゅう【在国衆】

室町幕府下において,京都につめずに在国することを認められた大名奉公衆のこと。《貞丈雑記》には〈在国衆と云は京都へ参勤する事なく常に国居住する大名の事也〉と解説している。《文安年中御番帳》には奉公衆(番方)のうちに在国衆を載せ,《永享年中御番帳》には文明12‐13年(1480‐81)ころの在国衆として斯波義良畠山義統京極政経の名をあげており,また《永禄六年諸役人付》には〈外様衆,大名在国衆(号国人)〉の交名(きようみよう)がみえるので,守護や奉公衆などのしかるべき武士のうちで在国することを認められた者が在国衆であり,国人ともよばれるようになったことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざいこくしゅう【在国衆】

室町時代、京都に参勤することなく、いつも領国にいた大名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

在国衆の関連キーワード室町時代蘆名盛氏戦国大名

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android