圭冠(読み)ケイカン

大辞林 第三版の解説

けいかん【圭冠】

はしはこうぶり【圭冠】

上方が円錐形で、下方が方形をした漆塗りの冠。けいかん。 「唯し男子のみは-有れば冠して、括緒褌くくりおのはかまを着よ/日本書紀 天武下訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐かん ‥クヮン【圭冠】

〘名〙 上代かぶりものの一種。布帛製で長方形の袋状の上辺中央をとがらせた形が(けい)に似るところからの名称。はしはこうぶり。

はしは‐こうぶり ‥かうぶり【圭冠】

〘名〙 上辺中央を圭頭(はしはがしら)につくったかぶりもの。はしはかぶり。はしこうぶり。けいかん。
※書紀(720)天武一三年閏四月(北野本訓)「唯し男子のみは、圭(ハシハカウフリ)(別訓 はしはかふり)有らば冠して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の圭冠の言及

【烏帽子】より

…日本における男子の被り物の一種で,早く奈良時代から着用され,江戸時代に至った。天武天皇のとき漆紗冠(しつしやかん)と圭冠(けいかん)の2種ができたが,この圭冠が後世の烏帽子の祖であると古くからいわれている。中国でも4世紀ころから絹紗(けんしや)を用いてつくった紗帽(さぼう)があり,上下一般に用いられてきたが,こうした慣習が日本に流入したものと考えられる。…

【冠】より

…これらの冠は大会,饗客(きようきやく),斎時などに用い,別に黒の絹でつくられた鐙冠(つぼこうぶり)という,当時の壺状鐙の形をなしたものがあった。その後,冠の裂地には二,三の変改があったが,天武天皇のときに新たに漆紗冠(しつしやかん)と圭冠(けいかん)とが制定され,前者は唐制にのっとったもので,冠の前後に四つの纓(えい)がついており,前纓は平時は上にあげて髻の前で結び,後纓は垂らすか,あるいは髻の上を結んだひもにはさんだ。これが後世の冠の祖となったもので,当時の形態を知るものに法隆寺伝来聖徳太子の像がある。…

※「圭冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android