地対空ミサイル(読み)チタイクウミサイル

百科事典マイペディアの解説

地対空ミサイル【ちたいくうミサイル】

surface to air missileの訳,略して(SAM(サム))。ミサイルの一種。探知・捕捉および誘導用のレーダーと情報処理装置を備え,敵の航空機,ミサイルを迎撃する。なお艦上から発射する艦対空ミサイルもSAMと呼ぶ。代表的な地対空ミサイルには,米国のパトリオット,改良ホーク,旧ソ連のSA-10,SA-11などがある。→ミサイル迎撃ミサイル
→関連項目対空兵器ナイキボマークミサイル誘導方式

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちたいくう‐ミサイル【地対空ミサイル】

〘名〙 (surface-to-air missile の訳語) 地上または艦上から、航空機やミサイルなど空中の目標に対して発射されるミサイル。SAM。〔新兵器読本(1959)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報