地引帳(読み)ジビキチョウ

デジタル大辞泉の解説

じびき‐ちょう〔ヂびきチヤウ〕【地引帳】

江戸時代、検地に先だって作成された帳簿。所在地・用途・持ち主などを1筆ごとに書き上げ、検地奉行に提出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じびきちょう【地引帳】

江戸時代、検地の前対象となる土地の字名あざな・種類・面積・持ち主などを一筆ごとに記して検地奉行へ提出した帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じびき‐ちょう ヂびきチャウ【地引帳】

〘名〙 江戸時代、検地事前帳簿の一つ。検地すべき土地(田畑、屋敷地)の小名(字名(あざな))、地目、地種、地番、持主の別を一筆ごとに書き上げて検地奉行へ差し出した帳簿。
※地方凡例録(1794)二「村々にて致内割、反畝歩分け置候所は、反別地引帳に記」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android