地引帳(読み)ジビキチョウ

デジタル大辞泉の解説

じびき‐ちょう〔ヂびきチヤウ〕【地引帳】

江戸時代、検地に先だって作成された帳簿。所在地・用途・持ち主などを1筆ごとに書き上げ、検地奉行に提出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じびきちょう【地引帳】

江戸時代、検地の前対象となる土地の字名あざな・種類・面積・持ち主などを一筆ごとに記して検地奉行へ提出した帳簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android