コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地籍調査 チセキチョウサ

デジタル大辞泉の解説

ちせき‐ちょうさ〔‐テウサ〕【地籍調査】

一筆(土地登記簿の一区画)ごとの土地の、所有者・地番地目・境界を確認し、面積を測量し、正確な地籍図・地籍簿を作る調査。市町村など地方公共団体が行う。→地籍

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地籍調査

国土調査法に基づき1951年に始まった。土地の面積や境目を一筆ごとに調べ、所有者にも立ちあいを求めて確定させる。土地の位置や形を記した公図明治時代の測量に基づくなど、不正確なものも多い。このため国有林などを除き調査し、法務局の登記簿や公図の修正に生かす。ただ、実施するかどうかは市町村が判断する。佐賀県などほぼ終わった県もあれば、対象面積の数%しか終了していない府県もある。

(2014-04-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の地籍調査の言及

【国土調査法】より

…(2)水調査 治水・利水に資する目的をもって行う気象・陸水の流量,水質および流砂状況ならびに取水量,用水量,排水量および水利慣行等の水利に関する調査。(3)地籍調査 一筆ごとの土地について,その所有者,地番・地目の調査ならびに境界・地積に関する測量を内容とする。(4)基本調査 以上の各調査の基礎とするために行う土地および水面の測量,ならびに上記(1)および(2)の各調査の基準の設定のための調査。…

※「地籍調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地籍調査の関連キーワード国土調査法地籍測量地図

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地籍調査の関連情報