コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地籍調査 チセキチョウサ

3件 の用語解説(地籍調査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちせき‐ちょうさ〔‐テウサ〕【地籍調査】

一筆(土地登記簿の一区画)ごとの土地の、所有者・地番地目・境界を確認し、面積を測量し、正確な地籍図・地籍簿を作る調査。市町村など地方公共団体が行う。→地籍

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地籍調査

国土調査法に基づき1951年に始まった。土地の面積や境目を一筆ごとに調べ、所有者にも立ちあいを求めて確定させる。土地の位置や形を記した公図は明治時代の測量に基づくなど、不正確なものも多い。このため国有林などを除き調査し、法務局の登記簿や公図の修正に生かす。ただ、実施するかどうかは市町村が判断する。佐賀県などほぼ終わった県もあれば、対象面積の数%しか終了していない府県もある。

(2014-04-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

地籍調査

登記所の公図及び登記簿を基に、それぞれの土地に関する所有者、地番及び地目を調査し境界及び土地の面積に関する測量を行うこと。精度の高い地図等を作成し、土地における地籍の明確化を図ることを目的とした国土調査法に基づく事業のこと。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地籍調査の言及

【国土調査法】より

…(2)水調査 治水・利水に資する目的をもって行う気象・陸水の流量,水質および流砂状況ならびに取水量,用水量,排水量および水利慣行等の水利に関する調査。(3)地籍調査 一筆ごとの土地について,その所有者,地番・地目の調査ならびに境界・地積に関する測量を内容とする。(4)基本調査 以上の各調査の基礎とするために行う土地および水面の測量,ならびに上記(1)および(2)の各調査の基準の設定のための調査。…

※「地籍調査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地籍調査の関連キーワードADR国土調査法認可法人三品取引所国土形成計画生活時間調査法有明海・八代海総合調査評価委員会1等米食育推進全国大会国土調査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地籍調査の関連情報