コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂三郎 さか さぶろう

2件 の用語解説(坂三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂三郎 さか-さぶろう

1845*-1921 幕末-大正時代の茶業家。
弘化(こうか)元年12月2日生まれ。駿河(するが)(静岡県)の茶商,坂家をつぎ,文久元年以降養父の茶園を経営。山城,近江(おうみ)から茶師をまねき,宇治製茶法をまなぶ。明治9年江原素六らと叢流社(のち積信社)を設立し,静岡茶をアメリカへ直接輸出した。茶業組合の幹部,静岡県会議員などをつとめた。大正10年12月22日死去。78歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坂三郎

没年:大正10.12.22(1921)
生年:弘化1.12.2(1845.1.9)
明治期の茶業指導者。駿河国(静岡県)沼津町に生まれ,同町の茶商坂家に入る。文久1(1861)年以降,養家の営む茶園の経営に当たり,山城,近江の茶師を招いて宇治茶の製法の普及に努めた。明治9(1876)年,江原素六らと共に叢流社(のち積信社)を設立,静岡茶の米国への直輸出に努めた。16年同社を解散して全国製茶先進会審査掛となり,翌17年静岡県茶業取締所集会員として横浜に出張,19年茶業組合中央本部の横浜製茶検査所長,さらに静岡県茶業組合連合会議所・茶業組合中央会議所議員などを歴任,茶業の改良に尽力した。沼津町会議員,静岡県会議員も務めた。<参考文献>山田万作編『岳陽名士伝』,静岡県茶業組合連合会議所編『静岡県茶業史』

(若林淳之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

坂三郎の関連キーワードヴェナイト安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼ小協商新教育モンゴル文学後藤三右衛門(2代)スタング(父子)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂三郎の関連情報