コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂三郎 さか さぶろう

2件 の用語解説(坂三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂三郎 さか-さぶろう

1845*-1921 幕末-大正時代の茶業家。
弘化(こうか)元年12月2日生まれ。駿河(するが)(静岡県)の茶商,坂家をつぎ,文久元年以降養父の茶園を経営。山城,近江(おうみ)から茶師をまねき,宇治製茶法をまなぶ。明治9年江原素六らと叢流社(のち積信社)を設立し,静岡茶をアメリカへ直接輸出した。茶業組合の幹部,静岡県会議員などをつとめた。大正10年12月22日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂三郎

没年:大正10.12.22(1921)
生年:弘化1.12.2(1845.1.9)
明治期の茶業指導者。駿河国(静岡県)沼津町に生まれ,同町の茶商坂家に入る。文久1(1861)年以降,養家の営む茶園の経営に当たり,山城,近江の茶師を招いて宇治茶の製法の普及に努めた。明治9(1876)年,江原素六らと共に叢流社(のち積信社)を設立,静岡茶の米国への直輸出に努めた。16年同社を解散して全国製茶先進会審査掛となり,翌17年静岡県茶業取締所集会員として横浜に出張,19年茶業組合中央本部の横浜製茶検査所長,さらに静岡県茶業組合連合会議所・茶業組合中央会議所議員などを歴任,茶業の改良に尽力した。沼津町会議員,静岡県会議員も務めた。<参考文献>山田万作編『岳陽名士伝』,静岡県茶業組合連合会議所編『静岡県茶業史』

(若林淳之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂三郎の関連キーワード職業指導染め飯沼津沼津垣織田喜作酒井甚四郎沼津乗昌星野重雄丸尾文六山田源次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂三郎の関連情報