コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊城俊逸 ぼうじょう としはや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坊城俊逸 ぼうじょう-としはや

1728*-1773 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
享保(きょうほう)12年12月23日生まれ。参議をへて,宝暦5年権(ごんの)中納言となる。正三位。竹内式部(たけのうち-しきぶ)に垂加神道をまなび,桃園天皇に「日本書紀」を進講した。宝暦事件で停官,永蟄居(えいちっきょ)となり,のち出家。安永2年1月27日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

坊城俊逸 (ぼうじょうとしはや)

生年月日:1727年2月23日
江戸時代中期の公家
1773年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

坊城俊逸の関連キーワード正親町三条公積生年月日公卿享保

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android